Illustrator CS3 が強制終了した日 [Updated-2]

新しい iMac に移行して、本格的に作業を開始しだした矢先、Adobe Illustrator CS3 (ver 13.0.2) が文字を含むファイルの開閉時に 100% 強制終了するというトラブルに見舞われました:( 結果的に OS 再インストールして直ったのでよかったのですが、結局、原因はわからずじまいです。。

イラレはアンインストール後にインストールし直してみたりしたので、どうもイラレ以外の文字関連の何かが引き金になっていたようで、文字のあるファイルは間違いなく開く途中で強制終了してしまいます。
もちろん、Adobe のサポート関係は一通り確認して、アクティブでないデフォルトプリンターが強制終了の原因になるなども試しましたが、結果は同じ。 いろんな方のブログなども結構みたのですが、同じ症状はみつかるものの 13.0.2 の現状最新バージョンで強制終了しているのはどうも自分だけのようでした:((

で、結局イチかバチかで Leopard を再インストールするところからやり直して、(自分の iMac には Leopard アップグレード DVD がついており前回はそれでアップグレードしたのですが、今回それは使わず Leopard のインストールディスクを使いました。 iLife ’08 も単体で購入していたので、こういう時にはスムーズに事が進みます。。)無事に何事もなかったかのように直りました。 ふぅ#:-s

まだ自宅で使っている EPSON プリンターのドライバーは入れていないので、こいつが原因だったらどうしようかと心配しています。 とりあえず作業優先なんで、その辺はまた後日にでもレポートします。

更新:
その後、EPSON プリンタードライバーなどをインストールしてみましたが問題はありませんでした。

更新2:
ちょっと記憶が曖昧で書かないでいたんですが、アクセス解析を見ていて「あっ!」と思ったので、書いておきます。 それは、イラレのアップデートに失敗するケースの回避方法について、Adobe サポートに文章「Illustrator CS3 アップデート 13.0.2を行うとエラーが発生する(Illustrator CS3)」が存在することが判ったためです。
自分がインストールした時もたしか、アップデート時に失敗したと思います。 その後、再度アップデートをかけて何事も無かったように残りのアップデートが成功して、全て完了したかのような状態になったため忘れかかっていたんだと思いますが、やはりインストールやアップデート時の不具合には神経質になった方がよかったですね。
実際、自分と同じ症状が出ている方もおられるようなので、改めて補足しておきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

For spam filtering purposes, please copy the number 9268 to the field below: