iPhone ユーザーへの道 vol.04

iPhone 3G 発売されましたね :)) ゲットされた方、おめでとうございます <:-p
App Store も始動して、面白くなってきました。 MobileMe は日本ではどうやら波乱の幕開けになっている模様です。(Web サイトは未だ表示されたりされなかったりで、ストレージ容量もアップグレードされていない等の不具合があるようです)

さて、自分は予約できたものの、どうやらまんまとショップインセンティブ(必要のない特定のオプションを抱き合わせて販売実績を作ると販売店に販売奨励金が支払われるショップ側の制度。ショップは奨励金が欲しいのではなく、そういうプラスアルファな販売実績が欲しい)の餌食になりそうなので、今回は iPhone 購入を見合わせる可能性が濃厚になってきました 8-x
こんなことならインセンティブ狙いではないショップに最初から並ぶんだった。。

しかし同じ売られ方をされている方もおられるようで、象徴的な事例が紹介されています。
参照「ボクがiPhone 3Gの購入をやめたワケ |デジタルマガジン


ここで、自分が餌食となるまでの経緯をカンタンにまとめておきますw

  1. 6/23 の正式発表の次の日に予約しに行った時は条件提示などなく、なんの問題も無くすんなり受け付けてくれました。
  2. 発売日5日前の連絡では「本来は予約出来ない商品で品薄でして」と付け加えて入荷予想の報告をしてきました。(いかに入手が困難かを強調し、顧客に対し貸しを作っているようににわかに印象づける)
  3. じゃあこの時点で予約を取り消せばいいのに、発売日3日前「Wホワイトでの販売のみになります」となぜか Wホワイトを強要してきます。 「100 歩譲って Wホワイトで契約したとして、au からの MNP なので後でオレンジプランに変更出来ますか?」との質問には「その情報は来ておりませんので確認して後日連絡いたします」とのこと。(自分は了承したつもりはない)
  4. しかし、それから2日間何の連絡もなく、発売日前日に「商品をお渡しできます。ですが、本来は予約出来ない商品でしたので発売日のお渡しは出来ません。日曜日になりますがよろしいですか?」との連絡が。(おおむね事務手続きの軽減が目的。自分の前には仮予約 20 名弱がいて、1日 10 名を処理すると日曜日は自分ということになる)
  5. 顧客(自分)の疑問は「決戦の日曜日」に持ち越してやることにしましたw

まったく、なんて媚び媚びな取引なんでしょうか!w ショップも必死です。
「いかに予約者を手放さずに、言葉巧みに(予約を容認してやったと言わんばかりの)付加価値を印象づけて抱き合わせ商品を売り込むか」に徹しています。
電話をしてくる男性店員の「うん」という相づちにもかなりイライラしてましたw

こうして文章にすると、改めて「後発の携帯電話会社なんてこんなもんかー」と残念な気持ちになってしまいますね。
品薄で、高額な固定利用料金を支払い続ける iPhone なだけに、ショップの心ない対応によって、不利な条件で購入してしまっている方がおられると思うと、心が痛みます。


iPhone ユーザーへの道 vol.04」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

For spam filtering purposes, please copy the number 3395 to the field below: