iWPhone WordPress Plugin and Theme を試す

iWPhone_001Windows の iPod touch 不具合は、今週末にはソフトウェア・アップデートで対応されるようですね。 iPod touch は画面が横向きの時に日本語入力できなくなる不具合もあるので、これにも対応してくれるとありがたいのですが。。:-s

さて先日、iPhone / iPod touch 用の管理画面インターフェースを提供する Movabel Type 4 プラグインの iMT をご紹介しましたが、今回は、WordPress プラグイン iWPhone を試してみました。 iPhone / iPod touch をお持ちの方は、そこからこのブログにアクセスしてみてください。

iMT とのアプローチの違い

まず、iWPhone は iMT とは違い、管理画面ではなく「ブログ画面を iPhone / iPod touch 用に最適化して表示する」プラグインです。 実は私が欲しかったのはこういう機能の方で、またしても、WordPress のプラスな面を感じざるを得ませんね:)
インストールはプラグインをアクティベートしないといけないという1手間が増えるだけで、基本的には iMT と同じでアップロードするだけ。 iPhone / iPod touch 表示用のテンプレートは theme ファイルなので、カスタマイズも可能です。

表画面だけだから割り切れる

iPhone / iPod touch でブログを見れる人は、必ずパソコンを持っている人に違いないでしょう。 そしてネット閲覧は主にパソコンで見る人がほとんどのはずです。 デザインはパソコンで見るときには必要ですが、画面の小さなモバイル環境でブログを閲覧するときは、デザインよりも単純に「記事が読みやすいインターフェース」が必要なはずです。
iWPhone_002iWPhone_004iWPhone_003
iWPhone の提供する画面は非常にシンプルで、閲覧だけでなくちゃんとコメントを投稿することも可能です。 出来ることはそれだけなんですが、これが非常に割り切られていて「潔い」のです。

まとめ

私はブログの記事を、幾らタッチ・インターフェースが優れているからといって iPhone / iPod touch の小さな画面で投稿しようとは思いませんし、そうしたいと思っているユーザはごく少数な気がします。
そもそも iPhone / iPod touch はパソコンに替わるものではなく、Wi-Fi 環境のあるカフェ、iPhone はそれに加えて移動中の電車の中や公園などで限られた時間での気軽な利用が多いのではないかと思われます。 そいう端末の性格上、ブログサイトについては閲覧目的で訪れ、時にはコメントを投稿することが出来れば、それで十分なはずです。

iWPhone は「限られた管理者」ではなく「多くのブログ訪問者(iPhone / iPod touch ユーザー)」のためのプラグインです。 そしてこの手のプラグインの本質は後者にアピールできるのが正解です。

iMT がダメだと言っているのではありません。 iMT に表画面の表示機能があれば完璧なのですが、Movable Type の仕様上、難しいのではないかと思われます。(それ用の「再構築」が必要なはずだからです) そう言う意味では、非常におしいと言わざるを得ません。

逆に iWPhone に記事を管理する機能があれば完璧ですが、ログインが絡むからこれまた作るのは大変でしょうね。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

For spam filtering purposes, please copy the number 9713 to the field below: