タグ別アーカイブ: Reason

Propellerhead が Record を統合した新 Reason 6 とオーディオインターフェイス Balance を発表


独特のラック・モジュール UI で知られ、私も愛用しているスウェーデン Propellerhead 社の DAW ソフトウェア Reason。 その最新バージョン「Reason 6」と、同社初のハードウェア製品でもあるオーディオインターフェイス「Balance」が発表されました。

続きを読む Propellerhead が Record を統合した新 Reason 6 とオーディオインターフェイス Balance を発表


KORG MC-1 (microKONTROL) が故障した顛末

※「私が体験した、故障の事実」以外は、全て想像・推測・希望的観測に過ぎませんので、あらかじめご了承ください。

2006年末に購入し、Propellerhead SoftwareReason と共に愛用してきた KORG 社製 MIDI コントローラーの名器 MC-1 (通称:microKONTROL 以下、MC-1 と表記) が、早くから1番&5番ノブがだんだん無反応になってしまったのに加え、最近とうとう、ミニ鍵盤も数カ所無反応になってしまいました。

そこで、KORG へ修理依頼しようと思ったのですが、とある楽器店オンラインショップに、修理費用と同等で、状態の良い中古品が見つかったため、買い換えることに。

ところが!

なんとこの中古品もほぼ同じ不具合(故障)があることが判り、中古初期不良保証対応の無償修理で送り返すことに。。(状態が良いのは外見だけでした)
楽器店の売り方に疑問が残るものの、そこは紳士的に対応しましたが、少し気持ちが悪かったので、自分の使っていたものも思い切って KORG へ修理に出してみました。(2台持ちで、1台はスペアーになればいいやくらいの気持ちで)

さて、この2台の MC-1 の運命やいかに!!?

自分だけと思っていた故障が、まさか他人が使っていたものの故障と同じだったという事態に遭遇し、
「ひょっとして、もっと他にも同じ不具合・故障がおきている人がいるのではないか?」
と思い、今回、一連の顛末をポストしてメモしておくことにしました。

続きを読む KORG MC-1 (microKONTROL) が故障した顛末


Reason 4.0.1 アップデート

reason4boxこれまた少し前(01/11/2008)になってしまいましたが、Propellerhead 社より Reason 4.0.1 アップデート(212 MB)がリリースされていました。 バグフィックスとユーザーからのフィードバックを受けて、細かな操作性の改善が行われたアップデートで、登録ユーザーは無償でダウンロードできます。 アップデートの詳細は Propellerhead 社サイトの Fixlist Reason 4.0.1 ページ(英語)で確認できます。
続きを読む Reason 4.0.1 アップデート


Reason 4 リリース, Jaiku 買収など

諸処ありまして、滞っちゃいましたが復活します(*)
とりあえず、最近の気になった出来事を幾つか。

Reason 4 出荷開始

一般販売は10日からでしたが、予約注文者には一足早く出荷されていました。 自分の元へも6日には届いていて、イロイロ触ってたんですが、やはりとても素晴らしいバージョンアップです。
Thor(トール)や RPG-8 などの楽器類の追加もそうですが、シーケンサーが格段と使いやすくなりましたね。
ただ、複数の Thor を複雑な組み合わせで動かしていくと、やはりグンと CPU を食ってしまいます。 自分の PowerBook G4 (FW800) では James Barnard のデモソングは Thor の演奏部分で確実に止まってしまいます。
ReGroove Mixer は「Groove を Group 化して設定できる」機能ですが、これも今までの個別設定よりも管理がしやすくなりました。(設定方法に工夫が必要かも?)
そうそう!気になっていた Reason の「くすんだアプリケーションアイコン」が白縁のちゃんとした色のものに変更されています;)
続きを読む Reason 4 リリース, Jaiku 買収など


Reason 4 アップグレード予約開始!

reason4boxスウェーデン Propellerhead Software 社の DAW アプリケーション Reason 4 が、10月10日に発売されます。 既に9月21日よりアップグレード予約が開始されています。

今回の目玉はなんと言っても、強力なポリフォニック・シンセサイザー「Thor(トール)」と、モノフォニック・アルペジエイター「RPG-8」の搭載でしょう。
Thorは6種類の異なるオシレーターと4種類のフィルターを搭載しており、それぞれ最大3つずつまでの組み合わせて音作りが可能。 アナログ・ステップシーケンサー付きでこれまた強力なモジュレーションサウンドを生成可能です。

詳細はぜひともオフィシャル Reason 4 サイト(日本語)でご確認を! こればっかりはまさに「百見は一聞にしかず」ですw