iMT – iPhone Interface for Movable Type を試す

iMT_TestShot001Windows ユーザーの多くが、Apple も確認できていない不具合に見舞われている iPod touch ですが、昨日、無事に届きまして、Mac ユーザーの自分は早速 touch インターフェースに “おさわり” しまくっていました:p iPod touch については別エントリを立てるとして。

iMT を実際に試してみたので、簡単にまとめておこうと思います。
まず先日、iPhoney検証したが変化が見られなかったとお伝えしましたが、昨日、改めて iPhoney で確認したら、ちゃんと表示されていました:p 何だったんでしょう? iPod が届くことに興奮して我を忘れていたのかもしれません:))

インストールするだけで即反映

iMT のインストールは最高にシンプルです。 /plugins/ と /mt-static/plugins/ ディレクトリにファイルをコピーするだけで、アクティベートされ iPhone / iPod touch 用更新インターフェースが提供されるようになります。 プラグイン自体の設定項目も一切無く、管理画面でも有効・無効の切り替えだけができるようになっています。

更新だけに絞られたシンプルなインターフェース

iMT_TestShot002 iMT_TestShot003
iMT のインターフェースは TypePad の同機能と同様、ブログの更新のためだけに絞られた非常にシンプルなものです。
提供される主な機能は、

  • 新しいブログ記事の作成
  • コメントの管理(内容や状態の編集・削除・スパム)
  • 投稿記事の管理(内容や状態の編集・削除)

です。(この記事の最初の画像も参照)
各メニュー項目での作業中も、ページ上部には上記3つの項目がタブで常に表示されており、いつでも行き来出来るようになっています。

インターフェース自体の操作については、非常に快適です。
実サイトを表示させるボタンもあり、編集中に実サイトを確認することも出来ます。

複数のブログ更新にも対応

複数のブログ更新機能ももちろんあります。
iMT_TestShot004
ログイン直後のトップメニュー画面で、各作業アイコンをクリックすると左図のような画面が表示され、どのブログで作業するかを選択できます。 その後は、そのブログ内での作業となるため、各ブログ間の行き来は、一度トップのメニュー画面に戻る必要があります。

メリット / デメリット(まとめ)

Wi-Fi 環境のある外出先などから、手軽に更新できるという意味では、これ以上ないインターフェースを iMT は提供してくれます。
難を言えば、iPhone のカメラで撮影した画像をアップロードして、記事にペーストしたりということが出来ないのが残念ですね。 このインターフェースからの投稿は文章のみというわけです。
それとやはり文字入力はリアルキーボードに勝るものはありませんので、コメントの投稿などは出来ると思いますが、記事の新規投稿は少し、勇気がいりそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

For spam filtering purposes, please copy the number 7413 to the field below: