Pro Tools for Leopard リリース [Updated]

Mac OS X 10.5.3(Leopard 最新バージョン)に対応した、Digidesign 社の DAW システムソフトウェア「Pro Tools 7.4.2」がリリースされました:))
既に、プレリリース版としてリリースされていたものが最適化され、正式リリースとなりました。

対象となるユーザーは、 Pro Tools|HD®, Pro Tools LE®, and Pro Tools M-Powered™ のバージョン 7.4 をライセンスしている Mac OS X 10.5.3 ユーザーとなっています。(7.3 ユーザーはアップグレードが必要)
補足 (6/24):
Pro Tools 7.4または7.3 softwareの付属するPro Toolsシステムを2007年10月1日以降に購入し、まだ登録を済ませていない場合は、製品登録を行うことでPro Tools 7.4.2 softwareの無償アップデートまたは無償アップグレードを受領できます。


「既知の問題」として、Digidesign 社によれば、ATTO SCSI Host Bus Adapters が 10.5.3 では互換性の問題が生じているため、Pro Tools も SCSI デバイスをサポート出来ていないが、Apple と ATTO が解決のために協力中だと報告しています。(これはプレリリース版の時からアナウンスされています) また、SCSI デバイス使用が必要な Pro Tools|HD ユーザーは Pro Tools HD 7.4.1 for Mac OS X 10.5.1 構成を利用するようにとのこと。

今回も「Pro ToolsプラグインのLeopard対応状況」ページの確認をお忘れなく;)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

For spam filtering purposes, please copy the number 2543 to the field below: